architecture

LATTICE(東京都台東区)

 

ファサードが前面木製ルーバーで覆われたこの住宅は東京の東部に建つ単身者の住まい。間口が狭く、奥行きが深い鰻の寝床のような敷地に対し、大型車一台分のピロティガレージを確保するためにRC薄肉ラーメン構造を採用した。

中央を貫く折り返しのストリップ階段により手前と奥の空間が緩やかに繋がり、上階には吹き抜けを介したスキップフロアによる立体的な構成が浮かび上がる。ペントハウスの開口部から降り注ぐ光のシャワーが閉鎖的な都市空間の中に充満し、ブルータルな空間に深い陰影を刻んでいる。

■DATA

所在地 東京都台東区
竣工 2013年3月
敷地面積 44.57㎡(13.48坪)
建築面積 34.18㎡(10.34坪)
1F床面積 29.09㎡(8.80坪)
2F床面積 34.18㎡(10.33坪)
3F床面積 34.18㎡(10.33坪)
PHF床面積 3.99㎡(1.20坪)
延床面積 101.44㎡(30.68坪)
構造 RC薄肉ラーメン構造
規模 地上3階建+PH
用途 専用住宅
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 シマダ設計
  島田善衛
施工 前川建設
建築写真 西川公朗