architecture

Kangaroo Hotel(台東区日本堤)

浅草にもほど近い東京の中心にある古い旅館を、欧米のバックパッカートラベラー専門のゲストハウスに建替える計画です。

古い簡易宿所が建ち並ぶ旅館街であるこの界隈は、利用者の変化に伴ない、空間の用途も一新させる時期が来ていました。「トーキョースモールステイ」のコンセプトはそんな時代に合わせて誕生したわけです。

1階のロビーフロアには、宿泊者同士の情報交換基地となるようインターネットやカフェ空間を設置。外部に対して空間を閉じることなく、オープンになるよう意識しています。2階、3階にはシングルやカップルが気軽に利用できるよう、ミニマルな宿泊空間を設えました。また、コミュニケーションスペースとして屋上も利用できることからイベントなどにも利用ができます。

従来の海外のドミトリーのような要素に加え、女性でも気軽に宿泊できるスマートでスタイリッシュな新しいゲストハウスは界隈にも影響を与えながら街のシンボルとなっています。

2011年 GOOD DESIGN AWARD受賞

■DATA

所在地 東京都台東区日本堤
竣工 2009年3月
敷地面積 132.63㎡(40.19坪)
建築面積 87.49㎡(26.46坪)
1F床面積 83.49㎡(25.25坪)
2F床面積 86.05㎡(26.03坪)
3F床面積 86.05㎡(26.03坪)
PHF床面積 5.32㎡(1.60坪)
延床面積 260.91㎡(78.92坪)
構造 鉄筋コンクリート壁式構造
規模 地上3階 PH階建
用途 ゲストハウス
構造設計 正木構造研究所
  正木健太
設備設計 EDO
  武井一義
施工 前川建設
建築写真 西川公朗
■MEDIA
「BRUTUS」
■掲載新聞
「産経新聞」